2015年11月29日日曜日

FldigiからAetherへログを書き込む方法。

FldigiからAetherへログを書き込む方法。

http://aetherlog.com/blog.html

Aether and fldigi
I receive questions about using Aether with fldigi fairly frequently. While Aether doesn’t officially include any integration with fldigi or vice versa, it is possible to set fldigi up to log QSOs in Aether. This is enabled by a script written by a generous Aether user, Alan Hawrylyshen, K2ACK. I thought it would be useful to have detailed instructions for setting this up, so here they are:
  1. Download K2ACK’s script from: https://github.com/muonzoo/ham-utils/archive/master.zip
  2. Extract the downloaded zip file by double clicking on it.
  3. In the exctracted folder, find the script file itself, which is called fldigi-aether-logger.py
  4. Open the .fldigi folder by choosing Go->Go to Folder in the Finder’s menu (or pressing command-shift-G) and typing or copy/pasting the following path:
         ~/.fldigi/
  1. In the folder that appears, find and open the folder called “scripts”. If it does not exist, create it.
  2. Copy fldigi-aether-logger.py into this scripts folder.
  3. Open Terminal, which you can find in /Applications/Utilities (or use Spotlight to search for Terminal), and copy/paste the following command, then press return:
         chmod +x ~/.fldigi/scripts/fldigi-aether-logger.py


  1. Open fldigi. In the main window, right click on the macro button you want to use for logging in Aether.
  2. In the window that appears, For the Macro Button Label, enter whatever you’d like. I use “Log in Aether”. For Macro Text, copy/paste the following:
         <exec>$HOME/.fldigi/scripts/fldigi-aether-logger.py & </exec>
         When you’re done, click Apply, then Close.

  1. You should be all done. Test it by entering a callsign, etc. at the top of the fldigi, then click Log in Aether. If everything is set up correctly, Aether should launch (if it is not already running) and the QSO from fldigi should be added to the frontmost Aether logbook window.

Disclaimer: I neither wrote this script, nor use it (or fldigi) myself. As such, I’m unable to guarantee technical support on its use. I’m providing these instructions merely in the hope that they’ll be helpful to Aether users.

MacでWSJt-X, JT-Bridge(WinのJT-Alertのようなもの)とFldigiのログをまとめる。


Digital mode for OSX(Mac User/OS X EL Capitan 10.1.1).
MacWSJt-X, JT-Bridge(WinJT-Alertのようなもの)とFldigiのログをまとめる。
*WSJT-XのLogボタンでログソフトに書き込む。Fldigiのマクロボタンで書き込む。
*eQSlcc,LoTWをログソフトから自動で行う(upload)。
Mac用ログソフトは3つある RUMlogNG, Aether($39), MacLoggerDX($95)。

一番お金がかからない組み合わせは。
Fldigi ,WSJT-X JT-Bridge, RUMlogNG
問題なく動作。

US$39が必要な組み合わせ。
Fldigi,WSJT-X,JT-Bridge ,Aether($39)
問題なく動作。(現在使用中)

US$95 一番高い組み合わせ。
Fldigi ,WSJT-X,JT-Bridge,MACLoggerDX ($95)
多分動く。。これ持っていますがこの組み合わせはテストしていない。
使わない理由:てんこ盛り機能でUIがよろしくない、Look feelではない、見た目は綺麗。

Bridge software :
Log software(Support eQSLcc, LoTW and more):
Aether http:  US$39   http:/www.aetherlog.com/index.html





2015年11月27日金曜日

Fldigi update 3.23.05がリリースされています。

Fldigi update  3.23.05がリリースされています。
Win用は3.23.05paが出ています これは最近のwin versionで異常があった場合は3.23.05paを
試してくださいと。。
Please try 3.23.05pa if 3.23.05 fails to run on recent Windows versions.
Download site: http://sourceforge.net/projects/fldigi/files/fldigi/

今日の15mはノイズすごいのでDCで覗くとこれでした。30秒毎
 

2015年11月20日金曜日

Sota , WWFF & RaDAR

WWFF
今年夏からSotaを2、3かいやりました。以前から山からQRVはしていましたが。
それからWWFFを見つかました、これは自然環境保護が目的でその保護区からQRVして自然を守りましょう。。 温暖化の問題も含め。。

世界フローラとファウナ(WFF)プログラムとしてロシアのロビンソン・クラブ(RRCによって、2008年に始まました。
WWFFとし2012年にあらたな活動がはじまりました。

SOTAWWFFを組み合わせてやってみようと思うのです。環境に優しい無線機、アンテナてなんだ??
当然QRP 自動車からの電力は使わない 充電可能バッテリーのみ(リチューム、ニッケル水素、鉛)。


SOTA
Sota web site.
Sota Japan site
Sosa Watch site

WWFF World Wide Flora & Fauna.
世界中の国立公園からのQRV。。
Forum site
WWFF site
日本語で紹介ページ。


 

RaDAR Rapid Deployment Amateur Radio (RaDAR)
これは短時間で場所を移動してQSOする。。。
これも面白い。

2015年11月17日火曜日

15mアンテナたたむ。。

15mのEFHWをたたむ、、代わりに10mか17mのEFHWを上げる予定。
15mのアンテナがあるとストレスが溜まるので。。。15m EFHWは移動用にする。

2015年11月16日月曜日

さいきんの QSO &モード別






Digital Mode 電力消費 & JT9ハイパワー(都内)

FT-897,PC ASUS T100TA,電源DM-330(Max20A以上)の組み合わせで。
RX 29W TX RF5Wで100W.

FT-897,PC ASUS T100TA ,電源DSP500(Max5A)の組み合わせで。
RX 21W TX RF5W 88W.

**WSJT-X Jt-Alertが動作中。

FT-817,Asus T100TA,DSP500では...  RX 15W, TX RF5W 41Wになる。
下のえは FT-897,PC,電源DSP500の表示で21W。。。
簡易電力計

JT9ハイパワー(都内) JT65のハイパワーすごいけど昨日はJT9のハイパワーは全部さらっていきます。。。







JT9ハイパワー

+8から+10でうちから西へ直線10Km 近所にもっと近いローカルがおりますが +8にはならない ローカルさん+2程度。  このかたインターネットで検索するとAUSからクレームがあった  AUSも5W JT65を楽しんでいるが この局にはまいったようで。。

ISS (RS0ISS) ドップラー シフト。

Sond modem software UISSでISSを受信中、、まだQSOはできない?!!
Dopper Shiftがあるのはわかるが目どのくらいShifするか見てみた。HDSRのFMは帯域が狭いのでShiftに合わせる必要がある。絵から145.825Mhzを中心に+-5Khz程度。。  計算出るようだが 面倒+わからんのです。 FT-897,FT-270,TH-D72ではこのDopper Shiftは無視できます。


2015年11月8日日曜日

2mでISSを受信する。 APRS D-PRS

RS0ISS CQ
ISS  145.825Mhz CQ  ...RS0ISS
未だ受信のみ。。。

FT-207+ Signaling USB (Sondmodem).

これはHFのDigital Modeの続きのようなもんです。サウンドカードI/FがあればSoftware modemが使える。




APRS vs D-PRS........
APRSとD-PRSはメッセージ通信ができない。 D-PRSはAPRS IS networkにただのり。。。
APRS相互通信可能だがD-PRSと通信ができない。D-PRSはAPRS fiに表示するだけ。。

APRSはオープン、、、、D-PRSが商標登録されているICOMも持ち物。 これも問題。。
Kenwood,YaesuはAPRSをサポートしているが、、ICOMはD-PRS.....  なんだかよくわからん。