2017年8月21日月曜日

EFHW アンテナ3種類

64:1  49:1 4band
 EFHW 3種類
64:1、49:1そして共振タイプ4バンド
。64:1と49:1は3.5Mhz~28Mhzまで使えます、SWRは49:1は1.6以下、64:1は1.5以下です。4バンド(18,21,24,28)は1.2 以内です。

21Mhz(15m)を使いエレメント(1/2λ)の長がどれだけ違うかみてみる。計算値より短くなります。
*4バンド(18,21,24,28) では30cm計算値より短い。
*64:1と49:1では80cm計算値より短い。


2017年8月19日土曜日

コールサイン ルックアップ QRZ.comかHamQTHか?

以前から気になっていたHamQTH使ってみる。
登録局数はQRZ.comだがHamQTHも登録局増加中。
共通項目:
1)コールサイン ルックアップに使える。
2)ログをアップロードできる。
3)自身の局紹介ができる。
4)ログ検索ができる。
HamQTH
QRZ.com

違い:
1)QRZ.comにはアワードある。
2)QRZ.comにはQSOコンファメーションができる。
3)QRZ.comはお金払えば広告はきえる。HamQTHには広告がない。
  HamQTHはドーネションで少ない金額でもいい。
*QRZ.comは完全なこ営利会社になりました。
使い勝手:
1)HamQTHは画像、自己紹介の編集が楽にできる。
  これはUIはHamQTHの方が格段にいい。
 
今年は先日QRZ.comにPremium Subscriberで支払う。HamQTHにはドーネションした。
来年はQRZ.comには払わないと。。。ついでにUploadもないかも?

2017年8月10日木曜日

FT10 と JT65 7041は見苦しい。

7041 FT10 JT65
リージョン3 国内。朝か見苦しい。2局ともJA3でした。
FT10がCQするとJT65もかぶせてCQをだす。 FT10がQSOにはいってもJT65はCQを。。。FT10が停止するとJT65もCQをやめる。

二方ともいいOMさんですが。。なんとも!!!


バンドが空いて入れば別にいいのでは。。同じ時間同期プロトコルなら。。

2017年8月7日月曜日

八海山神社(1540m)から430Mhz/50Mhz  //八方ヶ原大間々台(栃木県矢板)

天気の境目
8/6 八方ヶ原大間々台(栃木県矢板)から1時間登り八海山神社(1540m)から430Mhz/50Mhzで出る。430は10エレ、50MhzはEFHW バーチカル。8時30分ごろ八海山神社に到着休憩後アンテナ設置。 430Mhz FM TH-K40, 50Mhz SSB FT-817 10時まではいい天気でしたがガスが上がってきて天気は急変の様子判断で撤収。50Mhz,430Mhzともそれなりによく飛びました。





Map GPS

70cm 10ele 6m EFHW

18650を使う

 TH-K40 70cm

天候が変わる

霧雨の中下山

登り

2017年8月1日火曜日

2017 7/28本栖湖へ行く。40m SSB JT65 WSJT-X 1.8.0 rc1 GPS time sync

WSJT-X1.8.0rc1
先週末は本栖湖キャンプ。無線3時間程度、ウインドサーフィン,SUPと宴会。40m EFHW(ツエップ) FT-817,  リチュウムポリマー。
キャンプの準備で7 QSO程度で終わる。NVIS propagation300Km~500km レポート59、JT65 -01.


20分程度オペレーション開始です、木があれば!!




GPS time sync
 

40m EFHW




2017年7月31日月曜日

WSJT-X JTDX JT65-HF のGPS時間同期

BktTimeSyncがレスポンスしなくなり使えなくなる。以前から不安定であった。NMEATime2を使い始める。NMEATime2は安定しています。そしてゆっくり時間を合わせます、クロック同期とおなじやりかたです。
+ー 50mSecで同期調整 NMEA Time 2














BktTimeSync
win10では動作不安定でハング中、タスクマネージャーからKillしかない。時間同期はしたが1回だけ??
















Lockedしてので時間が合う

時間ズレ表示






2017年7月17日月曜日

今日の夕方SO-50でQSO

TH-K20/K40
今日の夕方SO-50でQSO  JA6PL さん
アンテナはナガラのDuoを使う。
uplink :2m TH-K20  ナガラQFHを使う。
downlink: 70cm TH-K40 ナガラDuo 5ele。
アンテナの方位、偏角は決め打ち。

















2m /70cm
 

FT8とJT-Alertのあんばい。

 
Mac JT-Bridge 2.1.2 

FT8  // JT-Alert X 2.9 10 あんばい。
FT8表示不具合: 前のデコード+今のデコード表示する。その次のデコードは表示しないとか。
VK3AMA曰く:
2017 7月16日現在。今は1分サイクルで処理中、FT8の15秒で処理していない。現在改善作業中。。。。
*”前のデコード+今のデコード表示する” この現象は処理間隔1分が原因。。
1分の間に15秒が4回。。。

Mac側のJT Bridgeではこの2、3日で2回Updateがあり15秒処理に対応したようだ。

JT BridgeはJT-Alert のような多機能ではない。


おっさん: WSJT-XのUDPパケットの取り込みタイミングとJT-AlertのB4データベースの参照しB4確認が1分サイクルから15秒サイクに変える必要がある。
JT-Alert側は変更は大変かもしれない、モードの確認後15秒サイクル処理にはいりデコードでデータを受け取り、B4確認と同時に表示、QRZ.comなどのLookup確認。

Mac JT-BridgeはB4データベース等のデータベースは持たない、またCQしか確認しないので処理は15秒以内でもCQ B4確認は時間は十分。

2017年7月14日金曜日

WSJT-X 1.8.0 rc1 FT8 自動シーケンスQSO テスト。

WSJT-X 1.8.0 rc1が出ました、新しいFT8の自動シーケンスQSOを試してみた。MacとWinの2つにインストールしました。接続はお互いにマイク、スピーカーです。FT8は手動でQSOは忙しい!! 自動シーケンスがいいかと思うが、、、JT65/9で以前あったロボットを思い出す。ロボットとQSOしたのを思い出す。この時はがっかりしました。

FT8の自動シーケンスはオペレーターが無線機の前にいなくて可能だが。
これはよろしくない。違反に注意です、


2017年7月10日月曜日

4 Band EFHW(End Fed Half Wave) // 4バンド ツェップ (18Mhz~28Mhz)

移動専用 4バンド(18Mhz-28Mhz) EFHW マッチング ボックを作る。これは各バンド共振する、同軸でC を作る//(RG58U)を切り詰めて周波数を合わせる。以前 3.5~28Mhzマルチバンド ボックを作ったが24Mhz,28Mhzが良くない。。
海外ではツェップよりEFHWと呼ばれる傾向です。







2017年6月30日金曜日

6m Sporadic E // Eスポ 


 
Tried 6 m of Sporadic E. ant is 6m EFHW /FT-817.
Location:  Mizumoto Park 6.4 km northeast from my home.
8 QSO (JA6,JA5 and JA4) 
Marker: 35° 47' 41'' N
            139° 52' 10'' E
Grid :PM95wt 
近所の水元公園から、、設置5分で完了。 SBB JA6,JA4,JA5とQSOできる。



S9 JA5

 


 

 
 

2017年6月28日水曜日

6m EFHW 移動アンテナ パック

6m移動 アンテナセットができる。エレメント接続したままに。
 
*重さはエレメントいれて112g。
*釣竿はブラスファイバーで4.5m 重さは00g  竿の値段は1200円。
*同軸GR58u 3mで156g。