2017年4月30日日曜日

日光 半月山から70cm

日光半月山
http://www.outdoorqrp.org/blog/entry/marathon/2017/04/29/2017-04-28-mt-hangetu-altitude-is-1750-m-pm96rq

JT65-HF-HB9HQX V4.9.2 日本語

JT65-HF-HB9HQX V4.9.2 日本語
JA1FMN山西さんからJT65-HF-HB9HQX V4.9.2 日本語ヴァージョンがリリースされたので使用中。
DigitalMaster Pro3を使っています、USBケーブル1本でCAT/Audio-codecです。
PTTの設定はCat commandを使用問題なく動作しています。



FT-817 Win10,Time syncはSP time syncを使う。

2017年4月26日水曜日

Raspberry Pi 3 WSJT-X 1.7 & CQRLOG インストール 1

CQ誌からRaspberry Pi CQRLOGInstallしてみた。
LoTW,eQSLcc,QRZ.com lookup, HamQTH upload,Clublog upload,HDRlog uploadができます。Fldigilogのやりとり可能(まだ試していない)。
QRZ.com lookup eQSLccは動作OKでした。
QRZ.comへのUploadはない 残念。。
マニュアルを読まずに試したのでDBが壊れたようで、修復に手間取る。
GUIからアプリケーションを削除できるが、ディレクトリーとDBは削除していない。これを削除しないと動かないと再インストールしても動かない。
CQRLOGは機能てんこ盛りのLogソフトです。多分これは使わないKlogの方がシンプルで使い勝手がいい。

Pi3 WSJT-XFTDI自動認識、ドライバーはインストールは必要なし。



Ubuntu + CQRlog + AlarmeJT+ WSJT-X Ubuntu14.04から16.04上げる必要があるのでまだ試してない。
AlarmeJTがまだない

USB Audio codec認識

CAT USB2  USBシリアルブリッジ認識 OK

2017年4月25日火曜日

Out Door QRPから届く。ス

スプリングリル
OutDoor QRPから参加賞が届く。

Raspberry Pi3 WSJT-X

サウンドカードI/F認識

FTDI USB/シリアルブリッジ認識
Hamlinもインストール終わり、USB/シリアルブリッジも認識、サウンドカードI/FもOK。 問題なく動く。

次はAlarmeJTが動くか?やってみる。
WSJT−X UDPサグリゲーターサーバー

2017年4月18日火曜日

JT65のQSO JAのマナーは良くない。

JT65 サイクル24のピーク時もQRMはあったし すごかった。。
しかし  いきなり XXXX  ZZZZ  -10は送らない。
1)JT65のプロトコル/QSOスタイルを理解している方が多く いきなり レポートは送らない。
2)時間同期プロトコル わかっているのか???
そんなにい即必要があるのか???  だったらRTTYでやればいい。
3)負けじどパワーを入れる方もいる。こうなるとバンドは使えない。
今日は見苦しので他のモードへ行く。。


2017年4月17日月曜日

Out Door QRP に参加中

昨年からこのイベントに参加しています。1年間の移動QSOイベントで年の終わりに結果かだ出てます。国内、国外QSOは問いませんHF, VU, サテライト、モードはなんでもOK. 途中参加オKです。
de JH1DIS

2017年4月15日土曜日

SDRPlay2とWSJT-X, JT65-HF HB9HQX 日本語。

WSJT-X

JT65-HF  HB9HQX /日本語
SDRPlay2とWSJT-X, JT65-HF HB9HQX 日本語。40mバンドを覗いている。

PCはインテルステックPC Z8300(Atom).

これの電力???
インテルステックPC Z8300(Atom)は5V 2.5A,,SDRPlay2はUSB電源でPCから。。


2017年4月14日金曜日

BitX 40出来上がる。

新しいケース

パネルにはフィルムで
 BNCを前に出したのは移動で使うためです。5Wは出ます。
Bitx40 56ドル、ケース¥3000、10Kオーム10回転ポテンシャルメーター 5ドル。
Mic.PTT

フィルム貼る前。

近所の公園 Local Park

近所の公園から QRV 40m MLAのテスト。 国内2QSOで終わる。 
満開の桜から

 

MLA




2017年4月13日木曜日

GPL フォーク WSJT-X JTDX

さて下記のサイトにGPLフォークにつて書かれています。WSJT-XとJTDXは仲良くない。
シャーない!!! おっさんとしては仲良くやってほしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フォーク_(ソフトウェア開発)

JTという名前はやめて別名がいい。。。
昔Linuxを使っていた頃 ”伽藍とバザール" 読んだことがある。



WSJT-XとJT65-HF HQXのCPU使用率は?

SDRJT65/9をデコード中にCPU使用率が100%近くになり、、パホーマンスモニターで各プロセスの負荷を見てみた。  WSJT-XとJT65-HQXでは負荷がだい違うようです。
それで実際のオペレーションではどうなのか???
Softの組み合わせは以下2つのパターン。
JT65-HQXはeqslcc, hdrlogなどなどほとんどカバーしています。
WSJT-Xでは複数のsoftの組み合わせないとeQSLcc,time sync,LoTWができません。
1)JT65-HQX: JT65-HQXのみ。
   Decode peek:だいたい18%前後のCPU使用率です。
2)WSJT-X:    WSJT-X , JT-Alert, Log4OMとSp time syncの組み合わせです。
   Decode peekでWSJT-X: 4~5% 
   Decode data読み込み開始後JT-ALert :8~14%
   Log4OM アイドル 0.1% (eQSLcc,LoTW,QRZ.com. HDRlog, Culblog)
   SP time syncは15分1回NTPポーリング。 
   Total 12~19%

* JT-Alertが以外とCPU使用率を消費します、理由はDBが大なると検索時間がかかる。
  JT-ALertは設定次第で負荷は減らせることができる。
  JT65-HF HQXと同じような機能WSJT-Xで実現するにはJT-Alertを使うしかない。
*Win10 =Atom Z8300

MACでは:
OSXでもWSJT-XのCPU使用率は4%前後でした。
OSX JT-BrigdeはCQのみ検出なので1%以下
OSX  Logsoft Aertheはアイドル 0.1%

OSX=intel 7

2017年4月12日水曜日

eQSLccへJT65-HF HQXから自動uploadできない。

JT65-HF HB9HQX(英語・日本語)ユーザーがすごい勢いで増加しています。
おっさんはかなり前からeQSLccを使っている(Fldigi、Aerther, Log4OM, WSJT-X,JT65-HF-HQX)。
eQSLccのトラブルで多いのがLog softまたはDigi mode softから自動でuploadできない?
原因:Nick name/QHTを設定していないまたは忘れた。でもweb siteにはloginできる。。

QTH/Nicknameを入れる。

QTH/Nickname忘れたら。
JT65-HF HB9HQX, Fldigi,海外のlog softにはQTH/Nicknameを設定する項目があります。これを間違わず入力します。
**eQSLccでは半角です。
**小文字、大文字を認識しますので注意する。


QTH/Nicknameが何であるか??
これはマルチアカウント用です。移動運用、複数のコールサインがある場合。

移動運用ですは便利です。
Home QTHとOutdoorの2つ作れば outdoor専用のeQSLを作っておくことができます。
また雛形も複数uploadできます。 なれる作るには簡単です。

2017年4月2日日曜日

Out Door QRP // Spring activity days 20170401

Miura
I went to Miura Peninsula on April 1.
(35° 15' 20'' N139° 36' 46'' E ) PM95tg.The altitude is 160 m high.
The weather was rain, temperature 7 degrees, north wind 12~15 knots(max).
So The operation in a car.
FT-817 Signaling USB , Bluetooth GPS for JT65/JT9 time sync.
The antenna is mobile whip.I prepared for EFHW and MLA, but did not set it up because it was rainy.
Lithium polymer battery 5100mA, The PC works with internal organs battery for ten hours.

Israel and Moscow, Sochi were surprised.
Tasmania Indonesia can QSO easily with sea surface reflection.
I did not think Sergey RU0ALK(Achinsk) QSO at SSB. He picked me up.
Rain

I had 9 QSO.  
JT65 17m
4Z5ML  9000km , Israel  He pick my signal -26 .
Vk7YUM 8500km  Tasmania
RX3DTN Moskovskaya
YB6DE Indonesia
UN8PY Kazakhstan
UN7LZ Kazakhstan
PSK31 15m
RW6AU 8000km Sochi
SSB 17m
JS6EOG  Okinawa and 

RU0ALK  Achinsk, Krasnoyarsky(4000Km)