2017年11月29日水曜日

AO-91 TH-D74 QSO FMサテライト 富津岬 2017 11/29


Setup


今日は富津岬からAO-91で2 QSOできました。
AO-91は11月23日からサービス開始です、これでFMサテライトは3つになりました(S0-50,AO-85,AO-91)。ロシア、韓国、中国も聞こえました。新しい衛星なのでアクセスが多くQRMもありました。




RadFxSat (Fox-1B)/AO-91 Doppler Shift Correction
Memory 1 (AOS) – Transmit 435.240 MHz (67.0 Hz Tone), Receive 145.960 MHz

Memory 2 (Approaching) – Transmit 435.245 MHz (67.0 Hz Tone), Receive 145.960 MHz

Memory 3 (TCA) – Transmit 435.250 MHz (67.0 Hz Tone), Receive 145.960 MHz

Memory 4 (Departing) – Transmit 435.255 MHz (67.0 Hz Tone), Receive 145.960 MHz

Memory 5 (LOS) – Transmit 435.260 MHz (67.0 Hz Tone), Receive 145.960 MHz
AO-91トラッキング リアルタイム

パラグラーダー 天気も良く 気温は20度前後、南風3m/sec


 

TH-D74でFMサテライト SO-50,AO-85でJA6,JA3,JA7とQSOできています。
アンテナは70cm 5エレ、2m3エレ、エレベーション60度 アズミン手回しの1発勝負です。衛星がほぼ真上を通過です。
TH-D74でSO-50とAO-85/AO-91どちらがTH-D74の操作でやりやすいか? 
AO-85の方がTH-D74の操作する上で楽です。
理由はドップラーシフトを送信側で行います、TXを5Khzステップでアップ(AOSからLOSまで)、受信は側は周波数固定。
TX側(Uplink)はSQL ONまたはボリュームバランスでTXはOFF。
RX側(Downlink)はQSL OFF。
SO-50はUplinkは周波数固定です、Downlink(受信側)でドップラーシフトを合わせます、
TX(Uplink)時にバンド切り替えする必要があります。


メモリー設定とアンテナには偏角見るものを取り付ける。
TH-D74メモリー設定
 

下の絵はAO-91 12:38からのAOSからLOSまで時間と軌道これがないと手回しは辛い。

通過地図




 
 



 公園内
砲台から

0 件のコメント:

コメントを投稿