2017年12月22日金曜日

TS-590G バンドスコープ 画像 SDRplay2 WSJT-X,JTDX,JT65HF同時受信 P2


TS-590G バンドスコープ
ディジタルモードアプリケーションからCATが可能となる。
SPS(シリアルポートスプリッター)とOmniRigの設定例。

HDSDRと組み合わせ
SDRUnoと組み合わせ

バンドスコープはSRRuno  TS-590とJT65ーHFまたはFldigiの組み合わせ。

SDRunoとTS-590とJT65-HF
Fldigi

下の絵  SDRuno RX00はTS-590とCATでリンクまたJTDXもCATとリンクしています。
SDRuno RX00とRX01
JTDXから送信可能です。 SDRunoRX01はLSBでSSBを受信中です。またはRX01をディジタルモードのソフトウエアーも使うことができます。








SPS(シリアルポートスプリッター),Omnirig,VAC(ヴァーチャルオーディオケーブル)なとの接続図です。WSJT関連のそふとは時間同期が必要なのでNTP用Sptime syncまたはGPSy用のNMEAtime2です。
PC内のアプリケーション


SPS Omnirig

SPSはRD TDの双方向ができます。衝突が有っても、リトライでいまのところ問題はない。



0 件のコメント:

コメントを投稿