2018年4月16日月曜日

facebookからMwWeに以降予定。現在お試し使用中です。

FaceBookについて ニュースでご存知かとおもいます。”いいね”, FBアプリノ使用、FBアプリのDLすると友達までの情報収集をします、設定しだいで友達の友達まで。。
アプリによってはブラウザーの履歴ま取り込みます。アンドロイドOSでは電話番号で。。

FBは無料なおで仕方ありません、FBは個人情報を売って商売しています。自分の情報は仕方ないが 友達までの情報まで吸い上げるのは よろしくない。
一番よろしくないのは お金をFBに払えば FBユーザーのデータベースにアクセスでき、
制限がないことです。これで特定の個人に広宣伝、フェイクニュースを流せることができます。

FBのニュースフィード取り消し、宣伝のいいね取り消し、アプリ使用しない、そして多くのグリープを脱会しました。結果宣伝はほとんどなくなりました。
しかし 友達の紹、グループ紹介がでてきます、これは何かと言うと私の友達の情報から引いてきています。これが良いことか? 悪いのか? わからん。

また最新のSNS  MeWe2016からサービス開始しているので今お試し中です、ここもほぼFBと同じ機能があります。FBと違いはトラッキングしない。個人情報の公開はしない。
ユーザー情報を「商品」として扱うようになことはしない。 
MeWeのレベニューはMeWe Pro(有料)からです。 日本語もサポートしています。
普通に使うのであれば無料です。

Google+もFBよりまともです。Google+はかなり前から使っています。
ここも宣伝広告はないです。

2018年4月15日日曜日

ISS SSTV TH-D74で受信 エレベーションが最大26度

これは TH-D74で受信 このパスのエレベーションが最大26度 ISSは太平洋側を通過
今ひとつ画像は良くない。 
 

ISS SSTV 2018 4/12~4/14 SDRuno + MMSSTV

ISS SSTVは今朝早く終了。 SDRunoで録音して再生です。


2018年4月12日木曜日

ISS SSTV 受信 2018 04/12

update 2018 4/14  今週末もISSはサービス中。

ISS SSTV アンテナはQFH RXはTH-D74
 今日はこれからJST 17:58と19:35があります。 GPで受信可能。
145.800Mhz  SSTV mode PD-120













2018年4月11日水曜日

備前楯山(足尾銅山の山)1270mへ行く。

2018 4/10
備前楯山(足尾銅山の山)1270mへ舟石峠から約1時間片道2Kmのハイキングコース。
山頂から2局のQSOで終わる。 八王子の陣馬山移動局と飯能の局。
晴天、山頂の気温20度、南西の風1m~2m/secで360度みわたせます。山頂はあまり広くないので大きなアンテナは無理。
JA/TG-040 - Bizentateyama
3ele 70cm
3Wもあれば十分です。

渡良瀬渓谷を挟んで向こう側は勝雲山、横根山があります。勝雲山には多くの方が移動で出ています。











GPS 1274m
男体山 中禅寺湖方面

トラッキング
山頂の案内

山頂付近の尾根
山頂

 


周辺の山 苗日光



2018年4月9日月曜日

ISS SSTV 4月12日から4月13日

ISS SSTVの送信があります。受信を試してみては。
今度は24時間なので世界中で受信可能です。ロシアのクルーがやるようです。

JSTでは4/12 21:15(JST)~4/13 21:45まで。

Update 04/02/2018
UPDATE: Dmitry Pashkov R4UAB reported the ISS SSTV equipment was activated at 1200 UT, April 11 but there was no signal on 145.800 MHz. The crew resolved the problem and Nitin Muttin VU3TYG reported the ISS SSTV was active during the 0735 UT April 12 pass over India. Since then radio amateurs around the world have been receiving the SSTV pictures among them Mike Rupprecht DK3WN.
ISS SSTV image 1 Murray Hely ZL3MH 20150131
ISS SSTV image 1 of Yuri Gagarin received by Murray Hely ZL3MH January 31, 2015
The schedule for the ARISS commemorative event is currently:
• Setup and activation on April 11 about 18:25 UT.
• Paused April 12 from 12:15 until 14:15 UT to allow for a school contact with Romania.
• Paused April 13 from 12:45 until 14:30 UT to allow for a school contact with Argentina.
• Deactivation on April 14 at 11:35 UT.


12日のSSTV送信 通過はない, 13日は4回だけど、、確実なので13日18:42。。12:12と10:36はGPでは辛いかも。
17:47はうちでは無理。
ISS オービット情報サイト
http://www.n2yo.com/passes/?s=25544#

FT-620B CW Skimmer

FT-620まだ使えます。たまに電源ON
まだ動く

 














(HDSDR + SDRPlay2) + CW Skimmer
+TS-590G + OmniRig + シリアルポートスプリッター + DigiMaster Pro3の組み合わせです。 CPUパワーがあれば追加でWSJT-X、JTDX、Fldigi,、JT65-HF-HQX またはMMVariのどれか一つは動かせます。
またメモリーが8G程度あればLogソフトも可能ですが CPUパワーと画面2つが必要かもしれない。 この画面は23インチです。

2018年4月7日土曜日

シリアルポートスプリッター APRC TS590GとWSJT-X1.8.0GAからTS-590Gをコントロールする。

シリアルポートスプリッターを使ってAPRC TS590GとWSJT-X1.8.0GAからTS-590Gをコントロールする。動画は解像度が悪い PCのパワー不足で画面動画の録画ができないのでデジタルカメラ(安物)で。。
問題なくAPRCまたはWSJT-Xからコントロールできます。注意 制御はどちか一つです,APRCとWSJT−Xか同時に操作はしません。WSJT-Xのポーリング時間は長くしてあります。

*RS232cのスプリトはシリアルポートがハングしても仕方ない!! 
 1(無線機)対2(PCのアプリケーション2つ)なんとか使えます。
 1対3は無理かもしれないが 操作の制限で使えるかもしれない。
**APRC+WSJT-X+Fldigiの3つは無理。APRCは最初にハング、次がWSJT-Xがハング、最後がFldigi. System Rebootで復旧。

動画の最後にAPRCの接続のON/OFF。

Win10ではVSPEはハングする 突然起こります。長時間(3時間以上)でハングする傾向にあります。
EltimeとFabualatechは安定して長時間問題なく使えます。
最大の違いはFreeか有料(EltimeとFabualatech)かです。VSPEはwin10をサポートしていないような。。

Eliteを購入しました、Fabualatech少し高い。Fabualatechの方がUIは良い。
Eliteの選んだ理由はMac/Winなどに複数プラットフォームソフトウエアーを開発しているのが理由。
Eltime
Fabualatech
https://www.fabulatech.com/serial-port-splitter.html

切れた例

スプリッター設定

 

WSJT-X FT8 のあんばい と どうこう と今後。

見ているだけでOK。
Budd Churchward
Dr. Joe Taylor, K1JT, author of many of the weak signal digital modes and co-author of the very popular FT-8 mode presented: "Work the World with WSJT-X" at the 2018 MicroHAMS Digital Conference in Redmond, Washington about the WSJT-X Digital Software Suite for Amatuer Radio. Dr. Taylor gives a detailed description of both the FT-8 and WSPR mosed that so may Hams are using all over the world.
 

http://www.microhams.com/2018/03/28/edited-k1jt-talk-on-wsjt-x/

2018年4月4日水曜日

JTDXとLog4OM の組み合わせでは JTAlertは使わない。


JTDX(Ver 18.0.XX  18.1.XX)ではJTAlertを使わないくてもQSO済みを表示してくれます。PCのメモリー、パワーがない時はJTAlertを使うと辛い。。またJTAlertは自信でDBを作るのでこれもCPUパワーを食います。

JTDXのQSOlogボタンでLog4OMに自動書き込みできます。この組み合わせではインテルAtom CPUでも問題なく動作します。
JTDX, Log4OMの組み合わせ設定は絵参照。

Log4OM 
http://www.log4om.com/





2018年4月1日日曜日

WSJY-X1.8.0 GA と1.9.0 rc2/rc3のWFレベル。



1.9.0 rc2 rc3になってWFで見ない信号を見えるようにしたのはいいけど。WFのレベル合わせがクリチカルでやりにく。
18.0-GAのまま設定で1.9.0 rc/3/rc2を動かすと二番のえになります。。三番目はWFのレベルを下げて見ています。
WSJT-X1.8.0-GA

二番目の絵真ん中が見えているのはサウンドカードのレベルを下げました。PC側のレベルを変えると、Fldigi側、JTDX,JT65-HFHQX側のもレベルも代わり常に面倒なのでPC側ではオーディオIN OUTレベル変更はしたくない。

WSJT-X1.9.0 rc3/rc2

三番目はWSJT-X 1.9.0 rc WFレベル変更で見ています。
個人的には1.8.0でいい。サウンドカードI/Fを入れてサウンドカードでIN OUTの調整の方が非常に楽です。
現在はSignaling USBとDigiMaster Pro3を使用中。PCはWin10まやはMacです。
MacでもWin10でこの現象は同じです。
WSJT-X1.9.0 rc3/rc2
リリースノート:
DXペディションモードもあるが。。。???!!!。

UDPプロトコルの通信手順の改善がありJTAlertを使わないくてもいい方向にある。MacではRumLogNG側であるQSOしたか確認できる。このような昨日はFldigiには標準でインプリされている。
JTAlertの欠点は自分でBDでを持ってしまう、するとWSJT-XでLog DB一つ、JTAlertで1つ、Logソフトで1つの計3つのDBができてしまいます。3つはいらん。。

Mac側のJT-BridgeはLogソフト(Aether,RumLogGN,MacloggerDX)のDBを参照しているいるのでWSJT-Xで1つ、Logソフトで1つの計2つ。。Macでは3つのLogソフトしかないのでJT-Bridge側は3つサポートでOK,  WinPCでは沢山Logソフトがあるので対応はできな。。

1.9.0 rc3
- Allow partial processing of incoming UDP Reply messages so that
  non-CQ/QRZ decodes can be processed. The processing is the same as
  double-clicking the same decoded message within WSJT-X except that
  "Enable Tx" will not be enabled.


- This release contains updated Hamlib functionality including changes
  to the Yaesu FT-817 back end that allows the uBITx kit transceiver
  to be CAT controlled by WSJT-X.
 uBitXはFT-817 をサポートしている。。それで少し改善あるのか?


1.9.0 rc2
- Improved waterfall sensitivity for very weak signals
 waterfallで微弱信号を見えるように改善した。

- Automatic real-time forwarding of logged information to N1MM Logger+
 リアルタイムでN1MM logger+転送機能。
- Expanded and improved UDP messages sent to companion programs

  UDPメーッセージの改善あった

2018年3月30日金曜日

Mac RumLogNGとWSJT-X 組み合わせ lookUp

RumLogNGの機能でコールサインルックアップとB4の確認。
WSJT-Xのアクティブウインドの局をクリックするとRumLogNGはQRZ.comまたはHamQTHを参照参照して局情報を表示します。また以前QSOしたかもわかります。

2018年3月28日水曜日

ISS SSTV 4月2日から4月3日

ISS SSTV active on 145.800 MHz FM in April


The Inter-MAI-75 SSTV experiment should be active on:
• Monday, April 2 from 15:05-18:30 UT
• Tuesday, April 3 from 14:15-18:40 UT

https://amsat-uk.org/2018/03/27/iss-sstv-april-2018/

2018年3月24日土曜日

RumLogNGとWSJT-Xの組み合わせ。

RumLogNGとWSJT-Xの組み合わせ。
Cat RuMLogNG側で行っています。アウトバンド UDPによるコントロールです。
これでWin側のJTDXからのQSO logをMacに取り込めるようにしてあります。

このデモはWSJT-X側で局をクリックすると、RumLogNGでLookしてQTH,Mapを表示する。WSJT-XのQSOLogボタンを押せばロギングします。
*JT-Bridge(JTAlertのような機能)使わずロギングできます。
ダウンロード先:http://www.dl2rum.de/rumsoft/RUMLog.html

RumLogNG & WSJT-X from Yoshio Akiyama on Vimeo.

2018年3月18日日曜日

3/15 筑波山へ 梅まつり。

筑波山 梅まつり

3/15 筑波山へ 梅まつり。
70cmハンディーと3eleを持って行ったがQVRせず。













 
 

 

2018年3月17日土曜日

FT8 WSJT−XかJTDXどちらがいい? GA & RC/Eve

FT8 WSJT−XかJTDXか?
GA (General Availability) / General releasesかRC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions版?

WSJT-XJTDXも正式リリースと開発途中/改善中(RC版、Evaluation版)の2つがあります。
1)GA (General Availability) / General releases    正式なリリース、一般公開。
2)RC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions版の 開発途中。

正式リリース GA/General releases
WSJT-Xの正式リリースはWSJT-X1.8.0  リリース日は 2017 10月27日 
JTDXの正式なリリースはJTDX 1.8.0.133 リリース日は 2017 11月19日
安定したソフトを使うのであれば正式リリース GA/General releasesです。

2018 3/16現在 (Webサイトから)
RC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions などの開発途中版は
wsjtx-1.9.0-rc2  新機能追加・改善
  以前は沢山リーリス出していましたが昨年あたりからソースコード コントロール管
  理がしっかりして 頻繁にリーリスはしない。
  WFのレベルがクリチかるになり使いづらい。これは見えにくい信号を見えるようにし
  てのでこうなった。イコライザー、DXペディヨン機能と色々追加機能があります。
JTDX 18.1.0.78 新機能追加・改善
  こちらは頻繁にリリースしています。テストレポートが欲しいようです。
  頻繁でデクレーションが多いの使いません。(デグレーション:以前正常また修正し
  たバグ、不具合が起きること)===疲れます。

検証に参加してレポートする、新機能のお試しならばRC版、エバレーション版もいいかもしれません。
GA/General releasesとRC版、エバレーション版が同じPCに時はインストール先Dirを使い分けた方がいい。



*WSJT-XWin/Mac/Linuxの両方で使える。メインはWSJT-Xです。
  Mac WSJT-X+JTbrdge+NGlog。
  Win  WSJT-X+Llog4OM。
  JTalert気分で起動する。
 海外ログソフトは自動でeQSLcc,LoTW, Lookup(HAMQTH,QRZ.com)機能がる。
*JTDXCPUパワーが必要なのでお試しようです。しかしJTalertは必要ないハムログを使わなければ。

2018年3月13日火曜日

FT-818よりDC3001またはuBitx がいい。

DC3001
FT-818よりDC3001の方がいい。ダイレクトコンバージョン US$350
LSB,USB CW and Didgi…
CATTS-440をサポート USB I/F
デジモード オーデイオ IN/OUT
受信電流120mA ~250mA
Consumed current in the "RX" receiving mode and 25% loudness: 120mA. At 100% loudness: up to 250mA.
送信時電流 500mA~700mA   最大9W アベレージ 5W 
Consumed current in TX transmission mode: 500-700mA.
The output power of the low-frequency amplifier is 1W.

Nominal output power of the transmitter: 5W. (at rated supply voltage). And more, a maximum of 9W.

uBitX US$109

または uBitx US$109 これはkitですが部品は実装済みでワイヤリングだけです。
ケースは自分調達。
これは中間周波数あり。



2018年3月12日月曜日

50Mhz 6m EFHW 電圧給電 トロイダルコアで作る。

50Mhz EFHW 移動
 50Mhz EFHWアンテナ 3KVのCを使っているので
パワー入れれます。
ケースは防水ではないでのでですが 小雨程度は大丈夫です。 これは移動ようです。
トロイダルコアは50Mhz程度まで使えるYellowを使います。

















  
 

2018年3月11日日曜日

RTTY とスペクトラの具合、 Fldigi

Fldigi RTTY 40m国内を見る。Fldigiの新しい機能のスペクトラム塩梅を見る。
MMVARIはCAT com port 16まで。。MMTTYの海外にUpdateではCom port 16の制限がない。
FldigiもCom port制限がない。  動画はMac Fldigi.
Win10でもFldigiは問題なく動く。


Fldigi RTTY and Mac OS from Yoshio Akiyama on Vimeo.

下はWin10 ,SDRplay2(SDRuno) CWskimmer  TS590G
OmniRigとEltimaのシリアルポートスプリッターを使う。
https://www.eltima.com/products/serialsplitter/

TS-590G RSP2 HDSDR CWskimmer from Yoshio Akiyama on Vimeo.

2018年3月9日金曜日

仮想シリアルポート スプリッターは大きく3つあります。 どれがいいか? WSJTX JT65-HF JTDX MMvari ,Fldigi

仮想シリアルポート スプリッターは大きく3つあります。
どれがいいか?
VSPE(Virtual Serial Ports Emulator) VS Eltime SPS / Fabualatech SPS
Win10ではVSPEはハングする 突然起こります。長時間(3時間以上)でハングする傾向にあります。
EltimeとFabualatechは安定して長時間問題なく使えます。
最大の違いはFreeか有料(EltimeとFabualatech)かです。VSPEはwin10をサポートしていないような。。

Eltime
https://www.eltima.com/products/serialsplitter/
Fabualatech
https://www.fabulatech.com/serial-port-splitter.html

絵はJT65HFとWSJT-Xを同時に動かし CATはJT65HFまたはWSJT-Xどちたからも可能。
MMVARI, LOGソフトのCatも使用できます。
またSDRUno/HDSDRと組み合わせて使うこともできます。
SPS






JTモード、デジタルモード PC側、SPS

FT

JTDX & WSJT-X 1.9 rc2
デジタルモード アプリの設定前に Com port, サウンドを確認です。 これが設定されないとデジタルモードアプリはうまく動かない。
SPS











WSJT-X 1.9 rc2を入れたがマイク(Audio codec input)のレベルが大きんので無線機側とPC側のレベルかなり下げた。
JTDXの方がいい。




VSPEは捨て有料のSPSを使うと
JTDX,WSJT-X両方をCAT可能です。

2018年3月5日月曜日

FT-818 FT-817のリプレイス はがっかり。。

2018 03/05
FT-818NDでたけど TCXO,1900mA Ni-Hi,6W なんだこれ、、下のFCCは何だったのかフェイクなだろーな。。
手持ちのFT-817NDにはTCXO,500hz CW ,2100mA Ni-Hi + 外つけ3400mA LiIoです。

噂によると部品調達に問題が出て, メンテナンスができなるなので新たに新製品でその部品を調達するために FT-818NDでその部品を確保する。

ではその部品は何かコリンズのSSB,CWメカニカルフィルターと思われる、コリンズはこれの生産中を2015年にアナウンス それから3年Yaesuの在庫も切れたのか?

ROCKWELL COLLINS TO END MECHANICAL FILTER PRODUCTION
http://www.arrl.org/news/rockwell-collins-to-end-mechanical-filter-production
FT-817外部電源 リチュームインン18650 3400mAあれば
1日遊べます。
BATTERIES AMERICA社からFT-817ND用の2500mAが出ています。これもいいかもしれません。



FT-818で2m,70cmを使わないならDC3001もいいかもしれません US$350
DC3001

DC3001ダイレクトコンバージョン US$350
LSB,USB CW and Didgi…
CATTS-440をサポート USB I/F
デジモード オーデイオ IN/OUT
受信電流120mA ~250mA
Consumed current in the "RX" receiving mode and 25% loudness: 120mA. At 100% loudness: up to 250mA.
送信時電流 500mA~700mA
Consumed current in TX transmission mode: 500-700mA.
The output power of the low-frequency amplifier is 1W.
出力:最大9W アベレージ5W
Nominal output power of the transmitter: 5W. (at rated supply voltage). And more, a maximum of 9W.



FT-818がFCCの審査を受けたようで。仕様は USB/CAT ,10W, IF-DSP,大きなスクリーン、リチュームポリマーを採用とか書いてある。 qrpblog.comを参照。
http://qrpblog.com/2018/02/yaesu-ft-818-details-leaked-ft-817nd-replacement/

FCCのテストではプリプロダクション。




2018年3月2日金曜日

2018 03/02 地蔵岳  強風でやめる。


2018 03/02 地蔵岳に行きました。小沼のパーキング
小沼のパーキング、午前9。風向は北西、15m/sec(29ノット)ぐらい。気温11C
地蔵岳は無理でした。
North of Tokyo. Altitude 1400 m, 9 am. The wind direction is northwest, about 15 m / sec (29 knots). Temperature - 11 C. Mt Jozo dake was impossible.



 小沼は氷結

地蔵岳

小沼を一周。。
 




 

 



2018年2月25日日曜日

SPS(シリアルポートスプリッター)とWSJT-X,JT65-HF-HQX,JTDX &Fldigi CAT

JT65-HF-HQF WSJT-X
SPS(シリアルポートスプリッター)とWSJT-X,JT65-HF-HQX, JTDX, FldigとTS-590Gコントロールソフト。

1)TS-590Gは実ポートcom18に接続。
2)SPSでcom19, com20をcom18に接続する。
com portの速度設定(38400)、Data長(8bit) NP S1を設定。
JTDX  WSJT-X

WSJT-X Fldigi
この状態で
com19をJT65-HF-HQX
com20をWSJT-Xの割り付ける。

これで何ができるのか?
2つのアプリケーションでCATが使えます。
WSJT-X  TS-590Gコントロール


OmniRigを使いたくない。またFldigiがOmniRigサポートしていない。
Kenwoodの ARCP-XXXとかをDigital mode softを同時使いたい。こんな時にシリアルポートスプリッターが便利です。

この手のソフト無料の
VSPE
Serial Port Splitter(Fabulatech)
Eltma Serial Port Spltter
など3つあるどれがいいか試しました。
FabulatechとEltmaはわかりやす安定して動作します(win10) VSPEはソフトがwin10では不安定で時々ハングする傾向にある。VSPEはドーネション25ドルまたは無料です。FabulatechとEltmaは有料ですが非常に安定している。