2018年3月30日金曜日

Mac RumLogNGとWSJT-X 組み合わせ lookUp

RumLogNGの機能でコールサインルックアップとB4の確認。
WSJT-Xのアクティブウインドの局をクリックするとRumLogNGはQRZ.comまたはHamQTHを参照参照して局情報を表示します。また以前QSOしたかもわかります。

2018年3月28日水曜日

ISS SSTV 4月2日から4月3日

ISS SSTV active on 145.800 MHz FM in April


The Inter-MAI-75 SSTV experiment should be active on:
• Monday, April 2 from 15:05-18:30 UT
• Tuesday, April 3 from 14:15-18:40 UT

https://amsat-uk.org/2018/03/27/iss-sstv-april-2018/

2018年3月24日土曜日

RumLogNGとWSJT-Xの組み合わせ。

RumLogNGとWSJT-Xの組み合わせ。
Cat RuMLogNG側で行っています。アウトバンド UDPによるコントロールです。
これでWin側のJTDXからのQSO logをMacに取り込めるようにしてあります。

このデモはWSJT-X側で局をクリックすると、RumLogNGでLookしてQTH,Mapを表示する。WSJT-XのQSOLogボタンを押せばロギングします。
*JT-Bridge(JTAlertのような機能)使わずロギングできます。
ダウンロード先:http://www.dl2rum.de/rumsoft/RUMLog.html

RumLogNG & WSJT-X from Yoshio Akiyama on Vimeo.

2018年3月18日日曜日

3/15 筑波山へ 梅まつり。

筑波山 梅まつり

3/15 筑波山へ 梅まつり。
70cmハンディーと3eleを持って行ったがQVRせず。













 
 

 

2018年3月17日土曜日

FT8 WSJT−XかJTDXどちらがいい? GA & RC/Eve

FT8 WSJT−XかJTDXか?
GA (General Availability) / General releasesかRC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions版?

WSJT-XJTDXも正式リリースと開発途中/改善中(RC版、Evaluation版)の2つがあります。
1)GA (General Availability) / General releases    正式なリリース、一般公開。
2)RC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions版の 開発途中。

正式リリース GA/General releases
WSJT-Xの正式リリースはWSJT-X1.8.0  リリース日は 2017 10月27日 
JTDXの正式なリリースはJTDX 1.8.0.133 リリース日は 2017 11月19日
安定したソフトを使うのであれば正式リリース GA/General releasesです。

2018 3/16現在 (Webサイトから)
RC版(Release Candidate) β版、Evaluation versions などの開発途中版は
wsjtx-1.9.0-rc2  新機能追加・改善
  以前は沢山リーリス出していましたが昨年あたりからソースコード コントロール管
  理がしっかりして 頻繁にリーリスはしない。
  WFのレベルがクリチかるになり使いづらい。これは見えにくい信号を見えるようにし
  てのでこうなった。イコライザー、DXペディヨン機能と色々追加機能があります。
JTDX 18.1.0.78 新機能追加・改善
  こちらは頻繁にリリースしています。テストレポートが欲しいようです。
  頻繁でデクレーションが多いの使いません。(デグレーション:以前正常また修正し
  たバグ、不具合が起きること)===疲れます。

検証に参加してレポートする、新機能のお試しならばRC版、エバレーション版もいいかもしれません。
GA/General releasesとRC版、エバレーション版が同じPCに時はインストール先Dirを使い分けた方がいい。



*WSJT-XWin/Mac/Linuxの両方で使える。メインはWSJT-Xです。
  Mac WSJT-X+JTbrdge+NGlog。
  Win  WSJT-X+Llog4OM。
  JTalert気分で起動する。
 海外ログソフトは自動でeQSLcc,LoTW, Lookup(HAMQTH,QRZ.com)機能がる。
*JTDXCPUパワーが必要なのでお試しようです。しかしJTalertは必要ないハムログを使わなければ。

2018年3月13日火曜日

FT-818よりDC3001またはuBitx がいい。

DC3001
FT-818よりDC3001の方がいい。ダイレクトコンバージョン US$350
LSB,USB CW and Didgi…
CATTS-440をサポート USB I/F
デジモード オーデイオ IN/OUT
受信電流120mA ~250mA
Consumed current in the "RX" receiving mode and 25% loudness: 120mA. At 100% loudness: up to 250mA.
送信時電流 500mA~700mA   最大9W アベレージ 5W 
Consumed current in TX transmission mode: 500-700mA.
The output power of the low-frequency amplifier is 1W.

Nominal output power of the transmitter: 5W. (at rated supply voltage). And more, a maximum of 9W.

uBitX US$109

または uBitx US$109 これはkitですが部品は実装済みでワイヤリングだけです。
ケースは自分調達。
これは中間周波数あり。



2018年3月12日月曜日

50Mhz 6m EFHW 電圧給電 トロイダルコアで作る。

50Mhz EFHW 移動
 50Mhz EFHWアンテナ 3KVのCを使っているので
パワー入れれます。
ケースは防水ではないでのでですが 小雨程度は大丈夫です。 これは移動ようです。
トロイダルコアは50Mhz程度まで使えるYellowを使います。

















  
 

2018年3月11日日曜日

RTTY とスペクトラの具合、 Fldigi

Fldigi RTTY 40m国内を見る。Fldigiの新しい機能のスペクトラム塩梅を見る。
MMVARIはCAT com port 16まで。。MMTTYの海外にUpdateではCom port 16の制限がない。
FldigiもCom port制限がない。  動画はMac Fldigi.
Win10でもFldigiは問題なく動く。


Fldigi RTTY and Mac OS from Yoshio Akiyama on Vimeo.

下はWin10 ,SDRplay2(SDRuno) CWskimmer  TS590G
OmniRigとEltimaのシリアルポートスプリッターを使う。
https://www.eltima.com/products/serialsplitter/

TS-590G RSP2 HDSDR CWskimmer from Yoshio Akiyama on Vimeo.

2018年3月9日金曜日

仮想シリアルポート スプリッターは大きく3つあります。 どれがいいか? WSJTX JT65-HF JTDX MMvari ,Fldigi

仮想シリアルポート スプリッターは大きく3つあります。
どれがいいか?
VSPE(Virtual Serial Ports Emulator) VS Eltime SPS / Fabualatech SPS
Win10ではVSPEはハングする 突然起こります。長時間(3時間以上)でハングする傾向にあります。
EltimeとFabualatechは安定して長時間問題なく使えます。
最大の違いはFreeか有料(EltimeとFabualatech)かです。VSPEはwin10をサポートしていないような。。

Eltime
https://www.eltima.com/products/serialsplitter/
Fabualatech
https://www.fabulatech.com/serial-port-splitter.html

絵はJT65HFとWSJT-Xを同時に動かし CATはJT65HFまたはWSJT-Xどちたからも可能。
MMVARI, LOGソフトのCatも使用できます。
またSDRUno/HDSDRと組み合わせて使うこともできます。
SPS






JTモード、デジタルモード PC側、SPS

FT

JTDX & WSJT-X 1.9 rc2
デジタルモード アプリの設定前に Com port, サウンドを確認です。 これが設定されないとデジタルモードアプリはうまく動かない。
SPS











WSJT-X 1.9 rc2を入れたがマイク(Audio codec input)のレベルが大きんので無線機側とPC側のレベルかなり下げた。
JTDXの方がいい。




VSPEは捨て有料のSPSを使うと
JTDX,WSJT-X両方をCAT可能です。

2018年3月5日月曜日

FT-818 FT-817のリプレイス はがっかり。。

2018 03/05
FT-818NDでたけど TCXO,1900mA Ni-Hi,6W なんだこれ、、下のFCCは何だったのかフェイクなだろーな。。
手持ちのFT-817NDにはTCXO,500hz CW ,2100mA Ni-Hi + 外つけ3400mA LiIoです。

噂によると部品調達に問題が出て, メンテナンスができなるなので新たに新製品でその部品を調達するために FT-818NDでその部品を確保する。

ではその部品は何かコリンズのSSB,CWメカニカルフィルターと思われる、コリンズはこれの生産中を2015年にアナウンス それから3年Yaesuの在庫も切れたのか?

ROCKWELL COLLINS TO END MECHANICAL FILTER PRODUCTION
http://www.arrl.org/news/rockwell-collins-to-end-mechanical-filter-production
FT-817外部電源 リチュームインン18650 3400mAあれば
1日遊べます。
BATTERIES AMERICA社からFT-817ND用の2500mAが出ています。これもいいかもしれません。



FT-818で2m,70cmを使わないならDC3001もいいかもしれません US$350
DC3001

DC3001ダイレクトコンバージョン US$350
LSB,USB CW and Didgi…
CATTS-440をサポート USB I/F
デジモード オーデイオ IN/OUT
受信電流120mA ~250mA
Consumed current in the "RX" receiving mode and 25% loudness: 120mA. At 100% loudness: up to 250mA.
送信時電流 500mA~700mA
Consumed current in TX transmission mode: 500-700mA.
The output power of the low-frequency amplifier is 1W.
出力:最大9W アベレージ5W
Nominal output power of the transmitter: 5W. (at rated supply voltage). And more, a maximum of 9W.



FT-818がFCCの審査を受けたようで。仕様は USB/CAT ,10W, IF-DSP,大きなスクリーン、リチュームポリマーを採用とか書いてある。 qrpblog.comを参照。
http://qrpblog.com/2018/02/yaesu-ft-818-details-leaked-ft-817nd-replacement/

FCCのテストではプリプロダクション。




2018年3月2日金曜日

2018 03/02 地蔵岳  強風でやめる。


2018 03/02 地蔵岳に行きました。小沼のパーキング
小沼のパーキング、午前9。風向は北西、15m/sec(29ノット)ぐらい。気温11C
地蔵岳は無理でした。
North of Tokyo. Altitude 1400 m, 9 am. The wind direction is northwest, about 15 m / sec (29 knots). Temperature - 11 C. Mt Jozo dake was impossible.



 小沼は氷結

地蔵岳

小沼を一周。。