2018年4月7日土曜日

シリアルポートスプリッター APRC TS590GとWSJT-X1.8.0GAからTS-590Gをコントロールする。

シリアルポートスプリッターを使ってAPRC TS590GとWSJT-X1.8.0GAからTS-590Gをコントロールする。動画は解像度が悪い PCのパワー不足で画面動画の録画ができないのでデジタルカメラ(安物)で。。
問題なくAPRCまたはWSJT-Xからコントロールできます。注意 制御はどちか一つです,APRCとWSJT−Xか同時に操作はしません。WSJT-Xのポーリング時間は長くしてあります。

*RS232cのスプリトはシリアルポートがハングしても仕方ない!! 
 1(無線機)対2(PCのアプリケーション2つ)なんとか使えます。
 1対3は無理かもしれないが 操作の制限で使えるかもしれない。
**APRC+WSJT-X+Fldigiの3つは無理。APRCは最初にハング、次がWSJT-Xがハング、最後がFldigi. System Rebootで復旧。

動画の最後にAPRCの接続のON/OFF。

Win10ではVSPEはハングする 突然起こります。長時間(3時間以上)でハングする傾向にあります。
EltimeとFabualatechは安定して長時間問題なく使えます。
最大の違いはFreeか有料(EltimeとFabualatech)かです。VSPEはwin10をサポートしていないような。。

Eliteを購入しました、Fabualatech少し高い。Fabualatechの方がUIは良い。
Eliteの選んだ理由はMac/Winなどに複数プラットフォームソフトウエアーを開発しているのが理由。
Eltime
Fabualatech
https://www.fabulatech.com/serial-port-splitter.html

切れた例

スプリッター設定

 

0 件のコメント:

コメントを投稿